ダイエットブロガーズ

自転車でこっそりダイエットブログ

本物と偽物の見分け方

楽しく快適に自転車でダイエットするためには、それなりの自転車を選びたいところです。
そこでここでは、ダメダメな偽物と楽しく乗れる本物を見分けるテクをご紹介します♪

変速機

見分けるポイント:後輪の変速機が8速以上
よく安物のMTBや折りたたみ自転車の広告に、「信頼のシマノ製パーツだから安心」とか書いてある安物がありますが騙されてはいけません。
シマノは安物から高級パーツまで幅広く供給しているので、逆に安物の自転車ほどシマノの最安値パーツを使っています。
他に選択肢はありませんので、なんの自慢にもなりません(T T)

同じシマノ製でも高級パーツは精度が高く使用感も快適なのですが、コレがすごく高いのです(笑)
レースをするわけではないので、そんな高級品は必要ありません。

そこで、どのレベルのものを買えばいいのかということになり、そのラインが「8速以上」ではないかと思います。
イメージ的には、

  • 6〜7速:完全な安物
  • 8〜9速:趣味で楽しく使えるレベル
  • 10〜速:超高級品

こんな感じになっています。

重量

見分けるポイント:14kg以下
快適に走るためには、自転車の重量が結構大事だと知っていますか?
ママチャリから安物のマウンテンバイクに乗り換えた際に「快適〜」と思うのは実はこの重さのせいです。
(ママチャリはすごく重いので、安物でも軽く感じる)

とはいえ、安物のマウンテンバイクはやはりそれなりに重くて15〜17kg、フルサスだと20kgなんてのも・・・

楽しく走るためには、コレはちょっと重いです。
軽いに越したことはないのですが、軽量化はこれまたコストに跳ね返ってくるので、とりあえず14kg以下なら良いのではないかと思います。

サスペンション

見分けるポイント:舗装路しか走らないなら必要ありません。
これまた安物の広告に「ダブルサスペンションで快適!」とかありますが、コレは嘘ですw
安物のサスペンションは単なるバネなので、快適さには一つも貢献してません(T T)
街乗りならサスペンションなど不要だし、最低フロントサスだけあれば十分です。

見た目

見分けるポイント:ママチャリで見かける形状は・・・
ある程度慣れが必要なのですが、細かいパーツの見た目でも判断が付きます。
シートの高さを調整する金具がママチャリ仕様だったり、車輪を止めている部分がボルトだったりと安物は微妙にコストダウンを図っています(笑)

次の記事: デトックスジュースで毒だし!? 次の記事: デトックスジュースで毒だし!?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)